龍馬伝

門司麦酒煉瓦館

坂本龍馬書状 三吉慎蔵宛

坂本龍馬書状 三吉慎蔵宛

  慶応三年五月八日付
 龍馬が乗船していた「いろは丸」が紀州藩船「明光丸」と衝突、沈没するという事故が起き、その談判のため、龍馬は長崎へと向かいます。その途次、下関に帰ってきた龍馬は、長崎への船が出帆する直前、長府藩士三吉慎蔵に宛て、一通の書状を認めました。
 内容はただ一つ、愛妻お龍のこと。もし、自分に万が一のことがあった際には、土佐からの使いが来るまで、お龍を預かってほしいというものです。
 お龍への愛情の深さと、三吉慎蔵への信頼の厚さとを示す龍馬の遺言状です。

坂本龍馬愛用飯碗と湯呑坂本龍馬愛用飯碗と湯呑
坂本龍馬書状 三吉慎蔵宛坂本龍馬書状 三吉慎蔵宛
新政府綱領八策新政府綱領八策
坂本龍馬俚謡坂本龍馬俚謡
旧赤間関稲荷町跡の碑旧赤間関稲荷町跡の碑
功山寺功山寺
伊藤九三邸跡伊藤九三邸跡
白石正一郎邸跡白石正一郎邸跡
巌流島巌流島

おススメ商品





只今、準備中!!



おススメ商品

只今、準備中!!

おススメ商品

只今、準備中!!