龍馬伝

門司麦酒煉瓦館

坂本龍馬愛用飯碗と湯呑

坂本龍馬愛用飯碗と湯呑

 龍馬が、下関の伊藤九三邸に寄宿していた頃、使用していたと考えられる飯碗と湯呑。のちに下関を離れる際、長府藩士の印藤聿に餞別として贈ったものです。印藤は、長府藩士の中で最も早く龍馬と知り合ったとされる人物で、龍馬の政治的支援者でした。
 長崎亀山製の飯碗には、一度割れたものを修繕した跡があり、それは、龍馬の愛着の深さだけでなく、大金を動かし、大きな仕事をしながらも、常に細やかな気遣いを忘れなかった龍馬の人柄が伝わってきます。
 なお、本資料は、龍馬の死後、長府藩14代藩主の毛利元敏より「放駒」と命名されました。

坂本龍馬愛用飯碗と湯呑坂本龍馬愛用飯碗と湯呑
坂本龍馬書状 三吉慎蔵宛坂本龍馬書状 三吉慎蔵宛
新政府綱領八策新政府綱領八策
坂本龍馬俚謡坂本龍馬俚謡
旧赤間関稲荷町跡の碑旧赤間関稲荷町跡の碑
功山寺功山寺
伊藤九三邸跡伊藤九三邸跡
白石正一郎邸跡白石正一郎邸跡
巌流島巌流島

おススメ商品





只今、準備中!!



おススメ商品

只今、準備中!!

おススメ商品

只今、準備中!!