九州鉄道記念館

九州鉄道記念館

九州鉄道記念館は門司港駅に隣接して建てられた、JR九州と北九州市が共同で運営する鉄道博物館です。赤煉瓦で作られている本館は、明治24年(1891年)に建てられた旧・九州鉄道会社の本社屋を再利用していて、門司港地区最古の歴史的建造物と言われています。

館外にはホームと屋根のある車両展示場があり、九州で活躍した8両の車両が展示されています。また本物そっくりの運転システムで遊べるミニ鉄道公園や、明治24年に九州鉄道会社が門司駅(現門司港駅)を開業した際、九州鉄道(鹿児島本線)の起点と定めたポイントも、旧0哩(ゼロマイル)標として再現されています。

館内には明治時代から活躍してきた客車(実物)やその周囲に当時の乗客や車掌などの人形造形の展示や鉄道文化、遺産の展示、電車の運転疑似体験できる運転シミュレーター、九州の鉄道大パノラマなどが設置されています。

施設情報

住所:北九州市門司区清滝2丁目3番29号
電話:093-322-1006
【開館時間】9:00〜17:00
【休館日】年中無休(但し保安点検のため休館することがあります)
【観覧料】大人:300円 中学生以下:150円 ※4歳未満は無料
※30名以上の団体は20%引

駅のホームを思わせる車両展示場には、九州で活躍した歴代の8車両が並びます。車両展示場
楽しさと懐かしさが詰まった鉄道記念館です。九州鉄道記念館の外観
明治時代から活躍してきた客車(実物)を展示。その周囲に当時の乗客や車掌などの人形造形を配置し、音響演出によりかつての旅の情景を演出します。明治時代の実物の客車
。「つばめコーナー」では歴代の名列車「つばめ」を紹介しています。鉄道ファンでなくても十分楽しめるコーナーが目白押しです。人気のあったつばめの展示
九州を舞台にしたHOゲージ(線路幅16.5mm)の鉄道模型。博多駅、門司港駅からJR九州を代表する列車が次々と発車し、迫力ある映像とナレーションで楽しめます。九州を舞台にした鉄道模型
信号などを備えた本格的な設備で本物の列車と同じような運転体験ができる日本ではじめてのミニ鉄道です。 運転体験ができるミニ列車

おススメ商品1

只今、準備中!!

おススメ商品2

只今、準備中!!

おススメ商品3

只今、準備中!!