門司港レトロ展望室

門司港レトロ展望室

門司港レトロ展望室は、建築家黒川紀章氏により設計された高層マンション「レトロハイマート」の31階部分に設けられた展望室です。地上103mにある展望室からは270度の大パノラマが楽しめます。テーブルやカウンターのあるシンプルな内装の室内にはドリンクコーナー「ル・シェル」もあり、ゆっくりとした時間を楽しめます。また、情報潜望鏡「アイステア」や17倍率まで拡大可能なデジタル望遠鏡などの最新設備も整っており、関門海峡や眼下の門司港レトロの町並みを見渡せる絶景ポイントになっています。

施設情報

住所:福岡県北九州市門司区東港町1−32−1F 門司港レトロハイマート
電話:093-331-3103

ここは一般市民が居住する高層分譲マンションなのだが、最上階を市が買い取って観光用に開放するという、きわめて画期的な手法による「門司港レトロ展望室」が設けられています。展望室はマンションの最上階
展望室への入場は専用の入口とエレベーターを利用するため、観客動線は住居部分から完全に分離しています。展望室専用の入り口
エレベーターの中ではサウンドスケープと呼ばれる音響効果が行われています。エレベーターに仕掛けアリ
門司港レトロの中心として、また門司一帯、関門を見渡せる絶好の位置にタワーはあります。天気の良い日は下関が見える
広々とした展望室にはテーブルや喫茶コーナーもあり、夜はカクテルもオーダーできます。展望室の様子
展望室にあるデジタル望遠鏡は、屋上に設置されたカメラを遠隔操作して景色を見るという仕組みになっています。レトロ全体を見渡せる

おススメ商品

只今、準備中!!




おススメ商品

只今、準備中!!

おすすめ商品

只今、準備中!!